“京まち寄席”第2回アペゼ寄席&フレンチ懐石に向けて   

a0121361_17121762.jpg

a0121361_17121752.jpg

a0121361_17121747.jpg

11日(火)はディナーcloseして落語を聞きに京都の護王神社に行きました。

噺家は桂こごろうさんとゲスト2人。3月21日(月)春分の日に開催する“第2回アペゼ寄席&フレンチ懐石”の打ち合わせを!!と言うよりもストレス解消に大いに笑おうかと(笑)

それとアペゼでもシーズンになるとお世話になっている(今、シーズン真っ最中!)イノシシを供養?する意味合いで《いのししの護王神社》で御守りを買いました。(ついでに親友のビストロ・オブリンさんの分も購入)

演目は

まず桂佐ん吉さんの“商売根問”

次は桂こごろうさんの“くやみ”

その次は四代目桂塩鯛師匠(昨年の8月6日に桂都丸を改〆)の“二番煎じ”塩鯛師匠に関してはその日に四代目の襲名披露公演の成功祈願祭を下鴨神社でされたそうです。

最後は桂こごろうさんの“貧乏神”でした。

いずれも楽しく四席あっという間終わりました。いつもは9時過ぎには終わるのに時計を見たら9時半前、塩鯛師匠をはじめ熱の入ったとても充実した会でした。

いつもは終われば家に一目散に帰るのですが、今回はその日の噺家さん達の“打ち上げ”に参加させていただきました(前回のアペゼ寄席では私は料理を作っていたので打ち上げをしていなかったので好意で今回参加させていただきました)噺家さん(塩鯛師匠は先に帰宅)とその会の世話役の方、三味線奏者の方達に混ぜていただき楽しい話と美味しいお好み焼きでここでもあっという間に時間は過ぎました。

せっかくの記念と思い写真を撮っていただこうと思いましたが…残念ながら携帯の充電が切れました。

よってこのブログも今日更新する事になりました。できるだけリアルタイムで更新しようと心がけてはいるのですが…

3月21日(月)に行われる“第2回アペゼ寄席&フレンチ懐石”のパンフレットも出来上がりました。

P.S
その日の落語の枕(前置き話)でこごろうさんが奥さんがなかなか「あれが・・・」とか「それが・・・」とか「何が・・・」とかで話しても通じない事が良くあり非常に腹が立つ!とおっしゃっていました。その話を聞いて私も心の中で《ふむふむ》とうなずいていました。そんな時の対処法として(こごろうさんは言いたいことは伝えたい!でもそれが原因で喧嘩や雰囲気を悪くしたくない)

そんな時は奥さんに「このときにアレって言ったら・・・に決まっているやないか~この“美人”」と怒るらしいです。

上手く表現できませんが...

“これは使える!!”と思い早速、明くる日の朝にそんな事があったので、“昨日こごろうさんに良い事教えてもらってん”と家内に言って、頭の中で良く考えて言ってやりました!

「・・・・・・・・このブ●!」アレ?色々考えていたら逆に言ってしまいました!ゴメン!

そんな風には1度も思ったことが無いのに...

こごろうさん!練習しなけりゃ難しいですね!

[PR]

by apaiserchef | 2011-01-13 17:12 | アペゼの営業について

<< 2011年2月の営業について APS(アペゼ)48?成人式! >>