我が家の夏の避暑地“蕎麦打ちおくで”   

アペゼの夏休み(17~20日)の初日、
和田浜~朽木温泉~蕎麦打ちおくで
強行スケジュールで18:00に“蕎麦打ちおくで”さんに到着しました!
蕎麦打ちおくでの看板から家まで続く細い道を車で登っていくと愛犬のジャックとピースが快く?お出迎えしてくれた後、次男のこうじろう君が笑顔で出迎えてくれました。
玄関を開けると元気で気持ちの良い大きな声で奥出君と奥様のるみさんも優しい笑顔でお出迎えしてくれました。
クーラーも車の音も、近所の子供の声すら聞こえないこの空間にすでに心は癒されています。

蕎麦茶と揚げ蕎麦を先ずウエルカム!(長男がバリバリ揚げ蕎麦を1人で半分たいらげました)
疲れてるだろうと冷えたビールを抜いていただきましたが、あれっグラスが2個?そうか今日はお泊り!家内にも飲んでいただこう!!といってる間に2本目!ワインもたくさん持ってきてるし、まっ良いか!

お食事のお品書き

《付きだし八寸》・・・鹿肉のタタキ、自家農園のトマトとナスのマリネ、生麩田楽

《前菜》・・・自家製胡麻豆腐

《刺身》・・・久多川の天然鮎

《天麩羅》・・・鱧、新茶の新芽、紫蘇etc,,,

《蕎麦・蕎麦湯》・・・ざる蕎麦(打ちたて、切りたて、湯がきたて!蕎麦好きの人は一度は味わってもらいたい)

《御飯》・・・鮎飯

どれもこれも美味しかったな~

私は蕎麦も3人前程、鮎飯も3膳いただきました。ご馳走様でした。
持参したワインも白(ラ・フォンタッシュ・ヴィオニエ100%)と赤(スペインのカベソー)を飲みながら途中からは奥出君とコラボの事や仕事、これからの展望?など話尽きることなく、避暑地の夜長は続きました。もう1本ぐらい赤ワイン行きたかったけど、飲んでたら寝てたかも(笑)
結局、家族3人は花火など楽しんでいましたが、私と奥出君は2時過ぎまで語り明かしました。あれ“そろそろ寝よか~”っていってくれなかったらどうなってたやろ?

でも7時頃には目が覚めて清々しい久多の朝に触れる事ができました。
朝食もお変わり3杯もしてなんかゆっくりさせていただきました。

家族3人は次男のこうじろう君と一緒に河原へ遊びに行きました。が、朝から私と奥出君は又、仕事の事で語りました。こんな御時世ですからお互い何か助け合える事があればと試行錯誤しており、そのとりあえずの試みが“コラボ”定期的にでも形として残せるように、8月30日は是非とも成功させて、2回目、3回目に繋げられるようにしたいと思っております。

《8月30日アペゼの特別イベント企画-フレンチ&テウチのコラボ》
ランチ   12:00~¥3500(税別・食事代のみ)
ディナー  19:00~¥5000(税別・食事代のみ)
いずれも要予約・定員20名です。ご予約承り中です!

本日、このブログ甲子園キッザニアにて投稿の為
写真は後でアップします!

[PR]

by apaiserchef | 2009-08-20 18:12 | 小川彰彦の素顔

<< 蕎麦打ちおくで エコがキターッ!! >>