小林農園のイチゴ達(ふぞろい...)ではない   

昨日の休みに瀬田月輪三丁目にあるイチゴ園の小林農園さんにお邪魔してきました。

一昨年の冬からアペゼのイチゴは小林農園さんの物を使っています。

聞くと3月頃から無菌で育てた苗を5000株に増やしてハウスに移すそうです。現在ハウスは4棟、イチゴは受粉にミツバチが不可欠で現在4箱のミツバチが北海道からレンタル移籍しているそうです(サッカー選手か?)5000株ぐらいなら1箱で用をたすミツバチ君達らしいですが、ハウスが4棟あるので仕方なく4箱借りているそうです。

薬も最小限にとどめて美味しいイチゴを食べるには摘みたてが一番ですね!

確かにスーパーにも“あきひめ”は並んでいると思いますが食べ比べれば価格も納得されると思いますよ!

今、世の中は右を向いても左を向いても「デフレ」の文字が…

アペゼはその波に逆らっていると思いますが2010年も本物の味にとことんこだわり続けて行きたいと思っている今日この頃です。



ハウスの一望
a0121361_16202359.jpg

収穫前のイチゴ(赤くなっていないのは未だダメです)
a0121361_16202350.jpg

ミツバチの巣箱この中に5万匹はいるらしい
a0121361_16202396.jpg

半エコ剤(イチゴが出す酸素でCO2が減り収穫量が落ちるらしい)
a0121361_16202397.jpg

[PR]

by apaiserchef | 2010-01-13 16:20 | アペゼの日記 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://apaiserchf.exblog.jp/tb/9649444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きみこ at 2010-01-13 21:47 x
おいしそう~♪
ポーランドのいちごとは色も形も違う!こっちのは赤けりゃいいって感じで甘くないし、ジャムにしか出来ないよ。
やっぱ日本はこだわって美味しいものを作るよね。
こちらはず~っと雪で最近スーパーでは日本じゃ絶対並ばないような野菜たちが陳列されてます。見たらびっくりするかもね。
帰った時はおいしい料理を食べさせてね。
Commented by おくちゃん at 2010-01-14 10:10 x
毎度おおきに!

この巣箱の形からすると洋蜂でしょうか?

イチゴの花の蜜、、、どんな味がするのか
興味ありますね。
Commented by イッセイ at 2010-01-14 10:23 x
イチゴ好きとしてはそこでイチゴ狩りしてみたい気持!
蜂蜜も採れるのかな?またそれもおいしそう。

新CO2発生剤・寝太郎?温暖化促進のためか?(笑)
Commented by apaiserchef at 2010-01-15 17:56 x
>きみこさん
エジプト?からありがとう!
小林さんに話を聞くと日本のスーパーも赤くて安けりゃ(¥398か¥498まで)良い!って感じらしいです。所詮スーパーと競争しても勝ち目も利益も出てこないので独自で販売されています。後は直売所です。
日本に帰ってきたら是非、アペゼに来て下さいね!時期が合えばイチゴも用意しておきますから!!

>おくちゃんさん
毎度です!今日(15日)はランチに来て頂きありがとうございました。今日は忘れ物無かったようです(笑)
蜂ですが洋蜂かどうか(多分、北海道)わかりませんが夏場は北海道のメロン畑で活躍しているようです。
蜂蜜はどうしているのか?聞いておきます。でも受粉に使っているって言ってましたよ!巣箱の中にこのシーズンを越すだけの蜂蜜が置いてあるみたいです。

>イッセイさん
貴方がイチゴ好きとは長い付き合いですがしりませんでした。kyonn2好きとも知りませんでしたし...(私もkyon2ファンの1人です、イチゴは普通です)

“寝太郎”ですがコップ15には持っていけませんね(笑)

by弟より

<< 食育とは?【赤いリボンのもーちゃん】 木下大サーカス >>