カテゴリ:アペゼの営業について( 104 )   

ボージョレ・ヌーヴォー2009解禁!!   

a0121361_0411549.jpg

a0121361_0411593.jpg

a0121361_0411592.jpg

いよいよ19日(木)に、2009ボージョレ・ヌーヴォーが解禁になります!した!!毎年午前0時になるのを待って試飲(と言うか飲みたいだけですが…)します。これは特権ってヤツですかね!
でも、マジメでしょ見た感じと一緒で…(笑)

今年のボージョレー地方は、8月から収穫まで天候に恵まれ乾燥した夏がしっかりとブドウを凝縮させ、収穫前に適量の降雨に恵まれエキス分が豊かで、バランスの良いワインになりそうとの事です。

評価の高かった2005年と似ていて、どの生産者も品質的には満足のいく仕上がりだそうです。

そこで今年のアペゼは、2008年も採用したエッジングボトルもお洒落な『ポール・サパン』と、1950年代スタイルのヌーヴォーそのままにこだわりを持つ『アンリ・フェッシー』といずれも量販店には並ばない2種類を仕入れました。

2種類のヌーヴォーを飲み比べてはいかがですか?

■ポール・サパン
  G/¥840
  F/¥4200

■アンリ・フェッシー
  G/¥945
  F/¥5250
2種類飲まれた方は、アンリ・フェッシーをG/¥840で提供させていただきます。

いや〜どちらも美味しいですよ!!

飲み比べる価値はあります!ガメイ種(ボージョレワインと切っても切り離せない品種)の味を超越していますよ!!

みなさんボージョレ・ヌーヴォーを馬鹿にしてはいけません。ピンからキリまでありますから…

アペゼのヌーヴォーはピンとは言いませんが、限りなくピンに近いとだけ補足させていただきます。

旬の物なので沢山は仕入れていません!無くなり次第で又、来年までお預けです。でも2009のヌーヴォーは二度と飲めません!

[PR]

by apaiserchef | 2009-11-19 00:41 | アペゼの営業について

第2回フレンチ&テウチのコラボ   

a0121361_1734419.jpg

アペゼも11月1日でオープンして丸6年になりました。長いような短いような6年でしたが、これもお客様は勿論の事、家族の支えと理解があっての事と痛感しております。

息子の事故に伴い、当分の間(1ヶ月半ほど)学校への送り迎えは私が行く事になりますが、休みの日以外はあまり接する機会が無いので、こんな時ぐらいは息子の為に時間をさいてあげなければいけないと自分に言い聞かせている次第です。

さて1日はと言いますと、オープン記念日のイベントとして“第2回フレンチ&テウチのコラボ”を開催いたしました。

第2回目ともあり、第1回に参加していただいた方をはじめ〈おくで〉さんのお客様も含めてアペゼに初来店の方も半数ぐらい加えてのコラボdayになりました。

メニューはと言いますと…

〓八寸 秋の吹き寄せ(栗の渋皮煮、銀杏のひすい揚げ、レンコン煎餅、サツマイモ煎餅、かぶらの菊花甘酢漬け)

◆オードブル 明石産あなごの白焼きと魚介類の蕎麦茶とフュメのコンソメゼリー寄せ

〓向付け 寒鯖小袖寿司(生と炙り二種)

◆魚料理 天然ヒラメの松茸のデュクセル入りパイ包み焼き 有機野菜添え

◆肉料理 特選国産牛イチボのソテー おにおんソース

〓手打ち蕎麦 二八ざる蕎麦&蕎麦湯

◆デザート 蕎麦茶のアイスクリーム、蜂蜜風味の蕎麦米のリゾット入りワラビ餅の葛シート包み、無花果のコンポート

◆八二蕎麦パン

◆コーヒーor紅茶

¥5000(税別)
ランチは¥3500(税別)で上記の魚料理と肉料理のチョイス、ダブルメインの場合はディナーメニューと同じ

注:〓は“蕎麦打ちおくで”◆は“フランス料理Apaiser”です

一応、ランチ、ディナー共に20名限定でしたが、ランチは26名と予想以上に来ていただき私もおくでさんもスタッフ共々頑張らせていただきました。勿論、ディナーも頑張りましたよ!

ランチにはアペゼの卒業生二人も食事に来てくれて、オープン記念日のお祝いにトリコロール色のお花を持って来てくれました(涙)この二人には又、忙しい時には(クリスマス等)ヘルプに来てもらわねば…(マジ)

第3回フレンチ&テウチのコラボは2010年2月7日(日)の予定です。ご予約お待ちしております。(予約が多くなるようなら2日開催も思案中です)


キューブリックなら宇宙の旅なんですけど…

[PR]

by apaiserchef | 2009-11-03 17:34 | アペゼの営業について

民主党とコラボ   

第1回フレンチ&テウチのコラボの日

8月30日(日)奇しくもこの日当日は、衆議院議員総選挙の日、あえてこの日を“第1回コラボの日”に選んだ。

夏休み最後の日曜日をフレンチ&テウチのコラボで過ごしていただければ…の思いからである。

このイベントの日を決めたのは7月!選挙の日も決まっていた。デジュネ(ランチ)、ディネ(ディナー)共に限定20名?集まるのか不安でしたが、身内や友人、知人の協力もあり満席で営業する事ができました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。

今まではパーティーで2回程、“おくで”さんとはコラボってましたが今回レストラン形式でのコラボは初めて…しかし今まで以上にコラボ感を出すには…やはりメニューか?フレンチの一皿一皿に蕎麦を盛り込み、アペゼのベースを崩さず…その思案した結果が このメニュー となりました。
途中、おくでさんはホールの一角で“蕎麦打ちライブ”パフォーマンス!打ち立て、切り立ての蕎麦をディナーでは“生”で試食していただくサービスも!(ランチではこちらの都合でできませんでした)
で私はと申しますと黙々?とコース料理を出している為(おくで女将さんに助けていただきながら…)なかなかお客様の所に行けず、ようやくデザートを持って行き改めて御挨拶と料理説明させていただいた印象は…料理をいつもよりお待たせしていたとは言え、皆さん満足していただいていたと確信しております。

アペゼの定期的なイベントの一つとして定着して年に四回、春夏秋冬の料理と蕎麦のコラボができるように頑張りたいと思います。

今回アペゼ&おくでのコラボに一票を投じていただいた方に失望される事なく審判を仰ぐのは第2回にかかっているのではないだろうか?そう今の民主党と私達の店も同じ立場かも知れませんね。


おくでさんの蕎麦打ち!
a0121361_20294785.jpg

魚料理にソースをかけています!
a0121361_20393688.jpg

八寸(先付けのごま豆腐は画像無し)
a0121361_20302482.jpg

オードブル(愛媛県鬼北町キジと淡路産蕎麦米のパテ、柚胡椒マヨネーズ)
a0121361_2143184.jpg

天然鯛と蕎麦掻入り魚のクネル、蕎麦湯とアサリのナージュ仕立て)
a0121361_2033186.jpg

肉料理(特選宮崎牛しんたまのソテー焦がしバター入りSOYデミグラスソース)
a0121361_20342042.jpg

デザート(蕎麦粉のパティシェール入り蕎麦粉のクレープ、蕎麦茶のアイスクリーム、茄子のコンポート
a0121361_20344356.jpg

デジュネの風景
a0121361_20395373.jpg

[PR]

by apaiserchef | 2009-09-01 20:20 | アペゼの営業について

7月11日“フレンチ&テウチのコラボ”   

付き出し八寸(生麩田楽、揚げ茄子、新茗荷の胡麻和え)~蕎麦打ちおくで
a0121361_1731898.jpg

オードブル(魚貝類のミルフィーユ仕立て、キウイソース)~Apaiser
a0121361_1731852.jpg

前菜(蕎麦掻、蕎麦湯、割醤油、山葵)~蕎麦打ちおくで
a0121361_1731863.jpg

魚料理(スズキのポアレ、ズッキーニの花と魚のムース有機野菜と、梅昆布茶風味のブールブランソース)~Apaiser
a0121361_1731821.jpg

肉料理(熊本産赤牛のポアレ、赤ワインソース、有機野菜添え)~Apaiser
a0121361_1731931.jpg


蕎麦、蕎麦湯~蕎麦打ちおくで

デザート(蕎麦茶と蕎麦粉のシフォンケーキ&蕎麦茶のアイスクリーム)~Apaiser
a0121361_1731979.jpg


7月11日にフレンチ&テウチのコラボの貸切パーティーがありました。
前回の時は私たちのクラス会と言うこともあり、比較的フランクにさせていただき、尚且つ予行練習も兼ねていたので今回は滞りなく“アペゼ”も“おくで”も料理を出す事ができたと思います。
反省点があるとすれば、アペゼの料理にボリュームがありすぎたのと(いつもですが…)貸切と言うこともあり、お客様のスピーチが入って宴会時間が長引いて、用意してくれていた、おかわり用の蕎麦は出せませんでした。
次回、コラボを受けたらそのあたりを考えてより良いものを提供できるようにしていきたいと思います。

でもおくでさんのパフォーマンスは見る価値あり!さすが職人って感じで良かったです。アペゼの電磁調理器も順応して、横で見ていて不思議な光景でした。

又、調理風景も画像アップしますね!!


“蕎麦打ちおくで”さんのURLはこちら
http://www.sobauchi-okude.com/index.html
[PR]

by apaiserchef | 2009-07-14 17:31 | アペゼの営業について